現場でのデータ活用

企業実績の現状分析には、自社の強みも弱みも正確に反映している販売データの分析は欠かせません。

しかしながら、「データ分析」というと、何か専門家が行う難しいもののように感じる人が多いのですが、ここではむしろ、「営業現場だからこそできるデータ活用の方法」を提案していきます。

  • データを見る「視点」を決めて、データを集計し、加工(作表や見える化)する
  • その結果から傾向と変化を読み取り、問題点や課題の候補を抽出して仮説を立てる

営業現場のデータ分析の目的は、最終的には拡販策の検討ですから、ここに的を絞れば、データの集計や加工の方法と結果の見方はある程度決まってきます。

販売データの集計・加工方法と結果の判定の手順(ストーリー)を一つのフレームワークとして標準化することにより、「チームみんなで行うデータ活用」が実現するのです。

ここでは、現状分析と拡販策立案に適した手法と活用法を紹介していきます。
すべてグループミーティングの定型資料として勧めたい、直感的な集計表とグラフ達です。

スポンサーリンク
現場でのデータ活用

推移をみるならZチャート

Zチャートとは 「業績が上がっているのか、下がっているのか」を一目で見せてくれるグラフです。 月々の業績は「季節変動」の要素を含みますが、Zチャートを見れば、それを加味した上昇/下降の傾向が分かります。 多くの商品は、季節によ...
2020.02.25
現場でのデータ活用

構造的変化による実績の下降現象に注意

構造的変化とは 企業の販売実績が、外部環境の変化の影響を受けて変化することをいいます。 この変化を引き起こす要因としてよく上げられるものには、  政府による、ビジネス関連の規制 市場の流行や顧客のし好の変化  新技術・新...
現場でのデータ活用

優しい仮説検証法の勧め

身近にある仮説検証の例 顧客ごとの現状分析や拡販策の検討を担当者任せにしないで、チーム全員で取り組むことによって、分析や施策検討の質は大きく向上します。 そしてこの議論を効率よく進めるためには、データ分析を元にした仮説検証法...
2020.02.10
現場でのデータ活用

今どきのABC分析

ABC分析の基本 ABC分析は顧客や商品の売上分析に古くから利用されている分析手法で、「顧客や商品の『重点化』を図り、そこに営業リソースを集中することによって、『業績の安定化』を目指そうとする」手法で「重点分析」ともいわれま...
2020.02.03
現場でのデータ活用

顧客別実績分析は4つのグラフと集計表で定型化

顧客ごとの現状分析や拡販策立案の会議では、参加者全員が顧客の実績動向を的確に把握することによって、活発な討論が実現します。 その時に使用する資料として、販売状況を直感的にとらえることができる次のグラフや集計表を紹介します。 ...
2020.02.03
タイトルとURLをコピーしました